リボーンスタイルって何?
リボーンの家
リボーンのガーデン
リボーンのマンション
住まいの再生ギャラリー

topへ

山本: 2008年1月アーカイブ

2008年1月27日(日)午後1時30分から、
住まいの再生ギャラリー 土間リビングに於いて
「話の聴き方教室」を開催しました。

講師にNPO法人 「生涯啓発」から、
キャリアカウンセラーのKさんをお招きし,
コミュニケーションの基本の一つである
「聴き上手」な人になるためのコツを
実践を交えて伝授していただきました。

心が通じ合う会話とは?
■「聴き上手」 その効果と気持ちの持ち方(傾聴マインド)
■上手な話の聴き方
■やってみましょう、「聴き上手」
  テーマ:昨日したこと、最近嬉しかったこと
これらのメニューに沿って講習を受けたあと、

2人ひと組交代で、聴き手と話し手になり、
実際にどんなことになるのか、皆でやってみました。

普段何気なくやっていることを、
あらためて「その気」になってやってみると
これがなかなか、「え?」と、思わぬ方向に行ったりします。
しかし、そんな中
終始、参加者の方からも熱いご意見や感想がどんどん飛び出し、
講師のKさんは時間を忘れ、
我々スタッフも写真を撮るのを忘れてしまいました。

聴き上手になると、自分のためだけでなく、
話す人にとっても、 

●気分がスッキリする
●孤独から解放される
●話しているうち考えが整理できて良いアイデアが生まれる
●話し手自身が自分のことをを客観的に見れる

など、他にもたくさんの効果やメリットがあって、
それらのことが、お互いの中に安心感や信頼感をもたらすようです。

相手と同じ気持ちになって相手の話を聴くことを
「傾聴」と呼ぶそうですが、
いつもいつもそうしていると疲れてしまいます。
その心の切り替えが上手なると、
無理なく自然に「聴き上手」になれて、
互いに楽しい関係を築いていけるようになるのでしょう。

参加者の皆様、講師のKさん、本当にありがとうございました。
また機会があればVOL2を開催したいと思っています。


<参加者の方の感想>
  
・F様(甲賀市)  
    アットホームな雰囲気で、とても良い時間を過ごせてよかったです。
    精力的にこの活動をされている講師のKさん、会社の皆さん、有難うございました。
    展示場も、コンパクトなのに使い勝手が良さそうで、お洒落な家だと思いました。
    土間もいいですね。

・M様(大津市)
    仕事柄、興味があって参加してみたのですが、とても楽しくてためになりました。

<講師Kさんの感想>

    皆様があたたかくお付き合いくださったおかげで、
    私も楽しい時間を過ごさせていただくことができました。
    逆に、私の方が、皆様から学ばせていただくことばかりで、良い刺激を受けました。


 

| | コメント(0)
Page top