リボーンスタイルって何?
リボーンの家
リボーンのガーデン
リボーンのマンション
住まいの再生ギャラリー

topへ

私のライフスタイルの最近のブログ記事

大津市の展示会場で新潟「ちくちくの会」主宰の池さんにお会いした。

捨てずに溜めておいた古布を再利用して繋ぎ合わせ

色々な生活雑貨によみがえらせている。

F1000011.JPG

 

 

 

 

 

 

端切れを適当に組み合わせて粗い縫い目でザクザク縫いつけていく。

「えっ、そんなに簡単でいいんですか?」と思わず叫んでしまった。

細かいことは気にしないそうだ。

F1000016.JPG

 

 

 

 

 

 

それなら私にでもできますね。

「そうよ、誰にでもできますよ。 

私は白い糸が好きだけど、赤や黄色の色糸を使っても素敵よ。」

その作品はいずれも温かみと迫力があり、何より甦った喜びにあふれている。

F1000017.JPG

 

 

 

 

 

 

F1000018.JPG

 

 

 

 

 

 

(上)もとは腰巻、エプロンの裏表  (下)ラグ

 F1000013.JPG

 

 

 

F1000015.JPG

 

 

 

 

 

 

今日も 仲間が集まってちくちくと針を刺す。

自然に古布があちこちから集まってくるご自分のことを

「ボロの神様」と呼んで笑う 気さくでおしゃれな人。

古いものを利用して新しく価値あるものを作り出す

まさにリボーンスタイルそのものを、

身近な材料で毎日実践している池さんに学んだ1日でした。

F1000006.JPG

                                                                                                                                                                   

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

ガラスとともに暮らす

大津市 ガラス工芸作家 鈴木裕子さん

 tonbo,pendant 007.jpg

 

 

 

古民家の玄関ポーチに設置したステンドグラス作品

DSC00462.JPG

 

 

 

 

 

玄関の採光窓とリビング出入り口ドアに、イメージを合わせてデザインされたステンドグラス

031.jpg 

 

 

とんぼ玉とビーズのアクセサリー

 

仕事

学生時代にガラスに出会って以来、

結婚後子育てに専念していた時期もあるが、

ずっと作品作り中心の生活だ。

子供たちが幼いころ、

家族で数年間フランスに滞在する機会を得て、

ヨーロッパのデザインセンスに直に触れ

日本人である自分の感覚にも通じるところが多く、

その融合が作品作りの原点になった。

tonbo,pendant 030.jpg

 

 

 

006 (8).jpg

 

 

 

 その後、ロカイユ(rocaille)というブランド でガラス工房を立ち上げ、

ステンドグラス、フュージング(溶かし技法)などいろいろな技法を用い

ガラスという素材を存分に生かした華やかな作品を生み出している。

006 (3).jpg

 

 

 

006 (4).jpg

 

 

 

写真は、とんぼ玉やビーズを組み合わせて作る

ペンダント・チョーカーや、ピアスなどのオーダーアクセサリー。

女性・男性を問わず幅広い年代層に人気があり、

お気に入りの洋服や、その人の個性に合わせ

宝石では考えられないリーズナブルな価格で作る。

  032.jpg

 

 

  006 (2).jpg

 

 

 ファッションセンス

どこから見つけ出してくるのか、

個性的で大胆なデザインの服を平気で着こなす人である。

その多くは古着屋で物色するという。

手持ちのものと組み合わせ、

自分の感覚に合うように服の着方を工夫する。

普段はお金をかけないのが身上だが、

凝っていて面白く、希少と思うものは少々高くても買うし、

既製品になければオーダーしたりもする。

デザインや色が気に入っても、自分に似合わなければ着ない。

しかし、組み合わせを変えることでOKになることもあり、

そんな意外な発見を何より楽しんでいる。

試行錯誤を積み重ねて

その感性のツボにはまる独自のスタイルを探す。

そのことは仕事に限らず、食事や他のすべての

生活にとりいれられているようだ。

  001.jpg

 

 

  018.jpg

 

 

  2008 006.jpg

 

 

鈴木さんからのメッセージ 

今、物はいっぱいあふれていて何でもあるように見えますが、

落ち着いて自分の周りを見てみると、

本当に自分の好みに合ったものをいくつ持っているでしょうか。

アクセサリーをオーダーできると考えている人は

まだそれほど多くないと思うんです。

私が今一番楽しいのは、その人の個性や、お気に入りの服に合わせて

気に入って永く身につけてもらえるようなアクセサリーを作ることです。

 

鈴木さんのガラスアクセサリー作品には、

大津プリンスホテル1Fスーベニアショップで出会えます。

ロカイユというブランドのコーナーを訪ねて下さいね。

ロカイユ工房のブログはこちら

rocaille.blog.eonet.jp/

  028.jpg

 

 

 

  20090428140945.JPG

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

VOL,2 「学ぶ楽しさ」を求めて

東近江市 三木訓子さん  

三木さんは、家庭の主婦と同時に大学院生でもある。

現在、某有名私立大学の大学院・言語教育英語科に席を置き

成人学習者が、英語を継続的かつ、意欲的に学習できるようになるには

どうすればよいかを研究している。

 10064.jpg  三木さん(右)と、英語サロン会員Kさん

世界的にも今や英語は日常的に欠かせない存在で、

喋れるのが当たり前 のようになっている。

とはいえ、日本では中学から6年間以上英語教育を受けても

一向に喋れるようにはならない。

文部省は以前、ゆとり教育と称して、英文法など基本構造を学ぶ授業時間を削減し、

日常会話重視の授業に切り替えたが、それでもやっぱり喋れない。

それどころか、基本的文法も身に付いていない事態に陥っているという。

まだ、子どもは強制的に勉強させられているが、

大人になると、仕事に必要でない勉強は趣味の領域になり、長続きしないことが多い。

 

三木さんいわく、

私も学生時代から英語は好きだったけど、勉強はいやだったんですよ。

結婚してからは、2人の子供の育児に追われていましたが、

子どもが小学生になったころから、ふと、自分の人生を振り返り

「楽な方ばかり選んで生きてきて、何もしてこなかったなあ・・・」

何か手ごたえがほしい と思うようになりました。

 

別に得意でもなかった英語ですが、好きだったので、もう一度やってみようと思いました。

それからは、とにかく喋れるようになりたくて英会話教室に参加しました。

「中・高の文法訳読なんか、絶対役に立っていないだから」 という思いでしたね。

前もって準備して行った話は、それなりに英語で言えても、そのあとが続かない。

会話って、キャッチボールじゃないですか、

その時その時の相手の反応によって、臨機応変・即興で文章を作り出せないことには、成り立たない。

一週間に一度、一年間会話教室に通うくらいでは、とても英会話なんてできない・・・

そう思い知らされました。結局1年でやめてしまって、

ラジオの中学生向け英語講座を、中学1年生のレベルから聴き始めました。

 

そうしたら、だんだん手ごたえが感じられるようになり、気がついたんです。

なんだ、喋れるようになってきたじゃないか。

基本をきっちり覚えて、そこへ身近な単語を乗せていけばいい。

結局、文法と単語だ、ということにたどりついたんです。

ネイティブの音声を聴く、自分の思いを英語で伝えるといった訓練の不足はあっても、

従来の学校の勉強は、全面否定するほど悪くないし、間違ってなんかいない。

英語を使わない国で、大人になってからやり直して英会話をモノにしようと思ったら、

基本的なカタチを、意識的に、しっかり学習するのが一番の近道。

それを自らあらためて発見しました。

 

自分がいま何をやっていて 

何を目的にして

どのくらい成果が上がったか を、はっきり感じることができる。

これが手応えになって次のステップへの意欲がわく。

英語に限らず、どんなことにでも言えることですけれど。

 

今、三木さんは、大学院で言語習得の理論に基づいて、

勉強したいという意欲があっても学習が続かない人、

進歩が見えずにあきらめてしまう人に対して

教師は何ができるのか、どんな援助ができるのか、を模索し続けている。

行き詰まることも多いとのことだが、三木さんの喋る英語を目標に感じる人も多いだろう。

「一人でも多くの人に英語を 学ぶ楽しさ を広めていきたい」と熱く語る。

そんな確かな心のスタイルを軽やかに持ち続ける素敵な人だ。

 

あなたも 三木さん主催の英語サロン・アフタヌーンティーに参加しませんか?

※詳しくは、住まいの再生ギャラリーをクリックして下さい

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0)

VOL,1 自分探しのマラソンライフ

近江八幡市 西村好一さん

 20080912_01.JPG


今日も西村さんが出かけていく。
「ちょっと野洲まで手品(マジック)しにいってくるわ」
彼は週5日、色々な地域でお年よりを集めてサロンを作り、
レクリエーションボランティアをしている。
雑学クイズや手品、ハンドベルコンサートに演劇と、
人を楽しませるためならなんでもする。
どうしたらみんなが喜んでくれるか、笑ってくれるか、
いつも考え、ネタを捜してイベントを企画し実演する。
そんな西村さんのイベントを心待ちにしているお年寄りも多い。

西村さんは言う、

年取ると段々笑わなくなるからね、お年寄りが笑ってくれるとホッとしますよ。
それにクイズで頭を使うのがとてもいい刺激になって認知防止にもなるしね。
わたし自身にとっても、色々考えることで刺激になるし、
勉強させてもらってます。

20歳で社会人になるといいますが、実はこの時は「会社人」の段階です。
会社と言う組織に入って自分が生活していくための訓練をし、いろんなことを学ぶ時期。
ここで、目標を持つことの大切さや、それを達成した時の喜びを体得します。
つらいこともいっぱいあるけど、とにかく頑張る。


 

20080912_03.jpg


そして、定年などで退職してからが、

わたしは本当の「社会人」だと思います。
自分のこれまで培ってきた経験を生かして、社会にお返しをしていく時期。
仕事の関係だけではなく、色々な年代や職業の人たちに広く接すると、

今まで見えなかった社会が見えてきます。
そんな中で、自分は一体何がしたいのか、どんなことが
楽しいのかをじっくり考える。 

人はそれぞれ自分にできることを必ず持っていますので、
人生は、時間をかけてそれを捜していくマラソンみたいなもんですな。
わたしの場合はどうも、自分の研究や制作に没頭するよりも、
人が笑ったり、喜んでくれることをする、ということが一番楽しいらしい。

何より人と接していることが楽しいと言う西村さんは、
他にも地域の民生委員や少年補導員などもしていて、超多忙な毎日だが、

年に2~3回は海外旅行に出かけるなど、趣味の時間も大切にしている。

休みの日は、気持ちに張りがなくなって「ふぬけ」になりますよ。(笑)
 

今後も手品やハンドベルなどの技をもっと磨いて、老人ホームの慰問をたくさんやっていきたい。

何を食べていたらそんなに元気に飛びまわれるのでしょうか?と聞くと、

やれやれ、と思ってプッツンしたらダメですよ。
これまで続けてきた自分の生活のペースを守るというのが大事。

それと、いつも頭の中に情報をキャッチするアンテナを張り巡らすというのが大切。

と、満面の笑顔で答えて下さいました。

最後に、西村さんからクイズをひとつ。

5+5+5=550
左側の式に一本の線を書き加えて答えが550になるようにしてください。

マッチ棒クイズの要領で考えると、わかりやすいかもしれません。

答えは次回のこのコーナーで。


 

 
| | コメント(0)
Page top